東京都指定 障害者就労移行・定着支援事業所HOPE神田(神田駅徒歩4分)
【事務系就職率 80%以上】【就職支援実績 10 年以上】【通所交通費助成】

発達障がい・知的障がいの方の就労移行支援事業所 HOPE神田(神田駅徒歩4分)

03-5256-1411
受付日時:平日 9:30〜17:00

コミュニケーション技法~プログラムから

就職支援の現場から HOPE神田ブログ -訓練の様子-

毎週水曜日午前のプログラムは、

「ビジネスマナー」です。

就労移行支援事業所HOPE神田では、

障がい特性に合わせて

2つの部屋(第一オフィス・第二オフィス)で

それぞれプログラムを行っています。

第一オフィス(10-15席)
第二オフィス(5-8席)

先日の第一オフィスのプログラムでは、

報告・連絡・相談や、企業面接で役立つ

コミュニケーション技法として、

有名な「ホールパート法」を取り上げました。

相手に伝わりやすくなるように、

話を「ホール(全体)」と「パート(部分)」に分けて伝える方法です。

① はじめに会話の“全体像”や“結論”を伝えてから、

② “具体的”・“部分的”なことを伝えると、

話の内容を整理して伝えられるので、

相手にもより理解してもらいやすくなる、という伝え方です。

たとえば、

面接で「配慮事項は何ですか?」と聞かれたときに、

「~があります。

 あと~があります。

 それから~もあります」

と答えるのと、

「3つあります。

1つ目は~です。

2つ目は~です。

3つ目は~です」

と答えるのとでは、どちらが相手に理解されやすいと思いますか?

どちらかというと、後の方が分かりやすい気がしませんか?

話している自分自身も、話の内容が整理できて、

回答内容を準備しやすいというメリットもあります。

今の例を、ホール(全体)とパート(部分)に分けると、

以下のようになります。

 

3つあります。(全体像)

1つ目は~です。(部分1)

2つ目は~です。(部分2)

3つ目は~です。(部分3)

面接の受け答えだけでなく、

職場での報告・連絡・相談など

あらゆるビジネスシーン(場面)で使えそうですね。

プログラムでは、どのような時、どのような場面に使えるのか、

このスキルを覚えるとどんなメリットがあるのか、

具体的な事例を皆で確認しながら学びました。

プログラム内で実際に練習できるのはもちろんですが、

HOPE神田の日常は、朝礼や担当職員との振り返りなど

実践できる場が他にもたくさんあります。

プログラムで学んだことを、遠慮なく事業所で試して、

ご自身のスキルにしていただければ嬉しいです。

  • 利用をご検討の方へ
  • 就職支援の現場から HOPE神田ブログ
  • 第三者評価受審

まずはお気軽にご相談ください。

ご本人はもちろん、ご家族・関係機関の方の相談や見学も承っています。
個別に丁寧に対応させていただきます。

平日:9:30〜17:00

土・日・祝日・年末年始はお休みです

まずはお気軽にご相談ください。

ご本人はもちろん、ご家族・関係機関の方の相談や見学も承っています。
個別に丁寧に対応させていただきます。

  • 平日:9:30〜17:00
  • 土・日・祝日・年末年始はお休みです

365日24時間受け付け中

  • TEL:03-5256-1411
  • 平日:9:30〜17:00
  • 土,日,祝日,年末年始はお休みです